FC2ブログ

らすとがーでぃあんP

オリジナル特撮ヒロインサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウルトラ銀河伝説その175

beri016.jpg
ベリュドラ「もはや面倒だ、一気に葬り去ってくれる。」

ベリュドラの口に特大の破壊弾のエネルギーが集束されていく

セレス「なんてエネルギー量なの、これをまともに受けたら、」

アカリ「逃げろ!メリム!!」


レイ「これってやばくない・・・」

シャイン「くっ」

メリム「・・・・メリムが止めます!」
メリム「ウルトラ・ダイナマイトを使います。」

レオナ「ウルトラ・ダイナマイトだと、
レオナ「ウルトラ・ダイナマイトはその破壊力に伴って使用者へのダメージも大きい」
レオナ「ウルトラ戦姫の中でもティアナしか使えない。禁断の技だ。」

レオナ「無茶だ、いくらお前がティアナの指導を受けていても、ウルトラ・ダイナマイトを使えば。」
レオナ「下手をすれば命の危険さえある。」

メリム「それでも、やるしかないんです。」
メリ
ム「だってメリムは地球を任された戦姫ですから。」

レイ「メリム・・あんた・・・」

■ベリュドラ形態の時はベリルさまの声にレイブラッドの声が重なってるイメージで読んでね
■さあ、でるのかウルトラ・ダイナマイト

■そろそろ、地球側の戦姫にもリタイアの影が~
  1. 2011/10/31(月) 17:33:27|
  2. ダークレディ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ウルトラ銀河伝説その174

mikie056b.jpg

メリム「絶対に諦めません!!」

メリム「例えどんな絶望的な状況になっても・・・・」

メリム「くっは!・・・・・ああん!!」

メリム「メリムは・・・あああああぁぁぁ」

メリム「メリムは、この地球を任されたウルトラ警備隊員です!」

メリム「だから、絶対に・・・絶対に・・あはん!」

メリム「絶対に諦めてたまるか~っ!!」
メリム「メリウムッ、ブレェェェェドッ!!」

シャイン「メリム、あなたは・・・・」

■ピンチ2ターン目終了~かな?
■そして来週は遂に!
  1. 2011/10/28(金) 17:21:21|
  2. ウルトラレディ・メリム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

ウルトラ銀河伝説その173

saki109.jpg
シャイン「ベリルの力がこれ程強大だったなんて・・・」

シャイン「マザーから託された、エネルギーも残り少ない。」

シャイン「せめて、プラズマスパークさえ何とか出来れば、この再生を止められるかもしれないけど。」

シャイン「このままでは・・・」

■第二段階のピンチも加速してきました。
■最近はここまでボロボロのシャインはイラスト依頼以外で描いたのはホント久しぶりです。
  1. 2011/10/27(木) 17:31:55|
  2. ウルトラレディ・シャイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ウルトラ銀河伝説その172

ange013.jpg
みいな「胸部第二装甲破損!」

杏「各部駆動系への負担も限界です。」

いろは「こ、こんな・・ああん」

みいな「敵触手怪獣、更に再生」

杏「このままじゃあ、ラファエリスが持ちません。」

■今回は表情をつけてみました。
■メカっ娘だから表情ない方がらしいのですが、まあ勇者ロボも表情歪むしね。
  1. 2011/10/26(水) 17:38:57|
  2. ANGEL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ウルトラ銀河伝説その171

reona034.jpg
復活再生を行うベリュドラの触手怪獣に苦戦するウルトラ戦姫
激戦で攻撃力も低下してくる

レオナ「くっ、レオナ・キーック!!!」

レオナ「なにっ!」

必殺の蹴りを受け止められてしまう

レオナ「くっ、離せ!!」

■ピンチの加速です!
■ベリュドラ戦の最大のピンチに向かってまっしぐら~
  1. 2011/10/25(火) 17:34:20|
  2. ウルトラレディ・レオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ウルトラ銀河伝説その170

miyu003.jpg
レイ「こんのやろうっ!!喰らえっレイ・キーック!!」

レイ「どうだ!!・・・・うっそ!!もう、何回復活出来るってーの!!」

倒しても倒しても、復活再生を行うベリュドラの触手怪獣に苦戦するウルトラ戦姫
蓄積されていくダメージに隙も生まれ、追い込まれていく

レイ「しまったっ!!離せっこのっ!!!!」

レイ「きやあああああぁぁぁぁぁぁぁぁ」

■ピンチ第二ステージへと突入です!
■遂にカラーターマーが!!!


  1. 2011/10/24(月) 18:05:20|
  2. ウルトラレディ・レイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ウルトラ銀河伝説その169

ange012.jpg

いろは「ウルトラレディたちの援護に回るわよ。」

みいな「待って、8時方向と4時方向より触手接近!」

杏「いろはさん、囲まれてます。」

いろは「ちっくしょ!フォトン・・」

杏「駄目です迎撃間に合いません!」

みいな「直撃、来るわよ!!」

いろは「ぐはっ!!」

■ラファエリスはダイレクトモーション・システムでいろはの動きをトレースします。
■ちなみに機体への衝撃もパイロットへとフィードバックします。

■うーんもう170になるか・・・やはり200超えるね

  1. 2011/10/22(土) 14:59:46|
  2. ANGEL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ウルトラ銀河伝説その168

saki108.jpg
シャイン「いけない、このまま連携を断たれたら・・ぐっ」

触手怪獣たちによって戦姫たちの戦力が分断されていく。


■ピンチのピンチの、ピンチの連続~



■しほの涼
83 - 60 - 82 cm

■篠崎愛
87(G) - 63 - 89 cm

■原幹恵
94(G)- 61 - 88 cm
  1. 2011/10/21(金) 17:10:26|
  2. ウルトラレディ・シャイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ウルトラ銀河伝説その167

mikie055.jpg
メリム「きゃぁぁぁぁっ」

触手怪獣達の吐き出す無数の火炎弾

メリム「ああん、攻撃力も上がってます!。」

■どんどん、追い込まれる戦姫たち
  1. 2011/10/19(水) 17:13:04|
  2. ウルトラレディ・メリム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ウルトラ銀河伝説その166

reona033.jpg
レオナ「レイっ!!」

レイを助けに行こうとするレオナだが触手に阻まれる。

レオナ「ええいっ、邪魔をするな~!!!」

触手を攻撃するレオナだが・・・・

レオナ「なにっ!!攻撃が通用しない?!」

触手に囲まれてしまうレオナ。

■ピ~ンチは続くよ、どこまでも~
  1. 2011/10/18(火) 18:19:29|
  2. ウルトラレディ・レオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ウルトラ銀河伝説その165

miyu036.jpg
レオナとレイ、シャインとメリムの合体攻撃(ユニゾン・アタック)がベリュドラの無数の触手を一気になぎ払った。

メリム「やったー!!!」

レイ「よーし、このまま一気にベリベリっちの本体へ!」

先陣を切ってベリュドラめがけて突っ込むレイ

しかし、ベリュドラの触手が再生し襲ってくる。

レイ「うっそぉ!!!」

レオナ「まさか、」

シャイン「再生能力?」

メリム「そんな、」

レイ「こらー!離せ~っ!!」

■あらら、再生能力なんか付いてましたよ!流石にDG3大理論なついてないでしょうけど
■お待たせしました?ベリュドラさんのターンです!

■戦姫たちの詳細データーとな・・・うーんアバウトな感じでやってますからね
■そういう細かい設定も必要なんでしょうな~
  1. 2011/10/17(月) 18:12:28|
  2. ウルトラレディ・レイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ウルトラ銀河伝説その164

saki107b.jpg
メリム「でも良いな~合体攻撃(ユニゾン・アタック)。」

シャイン「メリム、あたし達もユニゾン、行くわよ。」

メリム「はい、喜んで!!」

シャイン「スペリオル光線!!」

メリム「メリウム・シュート!!」


メリム「すっごーい!!流石シャイン先輩との合体攻撃、凄い威力だ~」

シャイン(なに?このパワーいくら合体攻撃でも、この威力は・・・・)

メリム「よーし!このまま一気に~!!!」

シャイン(一見普通の合体光線に見えるけど、違うわ、)
シャイン(あたしのスペリオル光線がメリウムシュートに取り込まれている・・・)
シャイン(そうか、メリムの能力は・・・・)

■そしてこちらも合体攻撃~
■ここまでの戦姫ターンはこれらの合体攻撃が出したかったんですよね。

■さてこのまま終わるのか、ターンエンドなのか?
  1. 2011/10/14(金) 17:49:48|
  2. ウルトラレディ・メリム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ウルトラ銀河伝説その163

reona032b.jpg
レイ「んっもう!いったんどんだけの触手生やしてんのよ!ベリベリッちは!!」

レオナ「なんだ、威勢の良い事を言った割にもう根を上げるのか?」

レイ「冗談!まだまだパワー有り余ってるって!」

レオナ「よし、ならば力を貸せ、一気になぎ払ってやる。」

レイ「え?でも、アスっちじゃないから、師匠との合体攻撃(ユニゾンアタック)なんて・・」

レオナ「安心しろ、私が合わせてやる。お前は自分の技を全力で叩きこめば良い。」

レイ「ぶー、なんか子供扱いみたいで気になるんですけどぉ!」
レイ「でも、まあそう言うことならば!!」

レイ「全力で叩きこんでやろうじゃん!!!!いっくぞ!!!」

レオナ「必殺っ!!」

レオナ「ダブル、レオナキーックっ!!」
レイ 「ダブル、レイッキーックっ!!」

ズゴゴゴゴゴッ!!!!

メリム「すっごーい!!!」


レオナ「ちょっと待て、ダブルレイキックとはなんだ?ダブルレオナキックだろうが。」

レイ「なんでってあたしはレオナ師匠じゃないもん、だからレイキックじゃん!」

レオナ「そもそも、お前のキックはレオナキック教え込んだものだぞ。」

レイ「あ、なになに、今になってそう言う事を言うんだ?」

メリム「まあまあ、ここはとりあえず『ダブル・レレレ・キック』と言う事で・・」

レオナ&レイ「レが一個多い!!!」

メリム「あ、はもった」

■合体攻撃~
■すんません、この合体攻撃がやりたくて~
■もともと2枚のイラストをつなげると1枚の合体攻撃と言うガンバライド的なモノが描きたかったのです
  1. 2011/10/13(木) 18:34:30|
  2. ウルトラレディ・レオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ウルトラ銀河伝説その162

ange011.jpg
いろは「いっけー、ドミニオンランチャー!!」

■とりあえず、戦姫のターンが継続中です!
■活躍シーンも描かないとね~
  1. 2011/10/11(火) 17:47:45|
  2. ANGEL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ウルトラ銀河伝説その161

saki107.jpg
シャイン「星野長官たちの努力に応えるためにも、ここで負けるわけにはいかないわ!」

シャイン「スペリオルっ光線!!!!」

■このまま押し切る事が出来るのか?

■ピンチですか・・まあいままでピンチしかなかったシリーズですからね。

■たぶん200を超える気がしてきました・・・いや、昔見たくお約束の
■妄想保管を使えば、あと10枚くらいで終わるが・・・ここまでやったらそれは無いしね
  1. 2011/10/07(金) 17:31:30|
  2. ウルトラレディ・シャイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ウルトラ銀河伝説その160

mikie054.jpg

メリム「そうだよ、ANGELの皆も一緒に闘ってくれるんだし」

メリム「どんな相手でも負けたりなんかしないんだから!!」

メリム「いっくぞ!!メリウムっシュートォォォォ!!」

■必殺技オンパレード!!
■順調に終わりめがけて歩いてますよ~
■200までにはオワ・・・・・・・
  1. 2011/10/05(水) 17:17:35|
  2. ウルトラレディ・メリム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ウルトラ銀河伝説その159

miyu035.jpg
レイ「もともとあたしは、ぜーんぶ、ぶっ倒すつもりで来たんだしぃ!」

レイ「その意見に賛成!!ってことで、」

レイ「必殺!!レイキーックっ!!!」

■キック二連発

■二次創作についてですが、そのあたりは各方々が自由に思い通りの設定で書いていただいてOKですよ
■らすP的にはね!!

■さあ、今週は何回更新できるかな?
  1. 2011/10/03(月) 18:09:01|
  2. ウルトラレディ・レイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ウルトラ銀河伝説その158

reona032.jpg
ANGELの秘密兵器「ラファエリス」の援軍で勢いに乗るウルトラ戦姫

レオナ「例えどれほどの触手があろうと、無限では無い、ならば全てをなぎ払ってくれる!」

レオナ「いくぞ、レオナキーックっ!!」

■ラファエリスの腕のバルカンですが、手首がいったん引っこんで代わりに出てきます。
■何か今回はレオナキック多いな~
  1. 2011/10/01(土) 15:34:54|
  2. ウルトラレディ・レオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。